オーバードーズし続けるうつ病患者

オーバードーズし続けるうつ病患者


数年前深夜にオーバードーズというテーマのドキュメンタリー番組が放送されていました。
オーバードーズとは過量服薬という意味で要するに薬の過剰摂取です。

 

そこには決められた分量をはるかに超える量の薬を飲んでいるうつ病患者の日常が映されていました。
私はそれまでそのような行為も名称も知らなかったのですが、以前友達が処方された薬を自分で調節して飲んでいると言っていたのを思い出しました。

 

私はその時「お医者さんに言われた分量を自己判断で変えてもいいの?」と思わず聞いた記憶があります。
友達は確か「え?そんなのけっこう皆やってるよ」と言っていました。

 

その友達はうつ病ではないですが、薬の量を自己調節する人が意外と多いということに驚きました。
その極端な例がODなのだと思うのですが、非常に危険な行為だと個人的にはものすごく怖い気持ちになります。

 

 

うつ病を克服できる人気ランキング

うつ病、不眠など、心の問題を解決「マインドガードDX」サポート飲料

マインドガード

うつ病で心が安定しない原因は「セロトニン」不足!?
でも、セロトニンの生成に欠かせない栄養は
体では作り出せないので、
食事でしっかりと摂る必要があります!
食事だけでセロトニンをしっかり補うのは
いまの食生活を変える必要があるから大変です。
マインドガードを飲めば、
セロトニンに必要な栄養素を
がっちり摂取することができますよ!

精神安定剤、睡眠薬が不要になる「セロトアルファ」サプリメント

セロトニンと大麦醗酵酵素で社会で生きぬく力を!
その不調、ストレスが原因かもしれません。
セロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンが不足してうつ病になっている可能性があります。
特に「うつ病」はセロトニン神経の活動が弱ってセロトニンが不足するために起こるんです。
セロトアルファを飲んでセロトニンを体内で生成させて、元気に生活しませんか?

オーバードーズし続けるうつ病患者関連ページ

うつ病は人生に前向きな証
うつ病の症状を我慢していた友達
うつ病の基礎知識と対応について
うつ病告白には勇気がいりましたが・・
ストレス社会のうつ病対策方法
うつ病に対しての偏見を捨てて
うつ病になった時の対処方法
隣のクラスにうつ病の人がいるらしいです。
私のうつ病経験と克服
うつ病の心の状況だと思いました。
尊大な人がうつ病になったとき
私が体験したうつ病と伝えたい事
うつ病になる前に、誰かに相談を。
うつ病かもしれないと思ったら。相談する相手は家族や、友人、職場の同僚でも良いでしょう。
うつ病なのかな?性格かな?判断について。
光の向こうには影がある
誤解されがちな「うつ病」
見分け方がむずかしい新型うつ病
うつ病の予防対策は日常から
まさに今。うつ病になりそう・・・。
完治させることができるうつ病の症状
会社の同僚がうつ病っぽいんです・・・
うつ病で別人のようになった知人
病気が原因でうつ病になることもあります
うつ病の病院ってどう選べばいいの?
「頑張って!」は禁句、うつ病の人を励ますのは逆効果
意外に多い、うつ病の友達
うつ病の方 今何してますか?
うつ病患者への対処法